アカメ 釣り入門タイトル4.JPG
ゆるい! ヒラスズキ
釣り入門 へようこそ!



2014年02月10日

ポイントの探し方:ゴロタ浜

ヒラスズキ ゴロタ浜.JPG

基本的にヒラスズキが生息するエリアのお話です。

ここでは”ゆるい”がコンセプトですから、危ない崖を登ったり、降りたりって行為はしない場所が望ましい。

地域にもよるのでしょうが、漁港などがある場所は湾状になっている所が多い。

波浪に強いからでしょうね。
船やイケスを守らなければなりませんから。

一方で、季節によってトウゴロウイワシやキビナゴ、カタクチイワシなど小魚も回遊してきます。

どこに、いつ、どんな小魚が回遊してくるかは自分の体験や地元の人に聞いたりするしか無いかもしれません。

で、この湾状になっているエリア内にゴロタ浜があればチェックしておきましょう。

日頃は何の変哲もないゴロタ浜。

湾の奥では干満の流れくらいしか期待できないような場所。
南方がゆえに海藻もあまりないような場所。

それでも、荒天、ウネリ、濁り、ベイト、マズメが重なれば釣れる可能性があります。

気のせいか、同条件下での港のヒラスズキより型が大きい気がします。

ゴロタ浜ヒラスズキ.JPG

狙ってる釣り人も少ないはずです。

他では荒れすぎて釣りにならないような暴風&高波。
台風通過後や季節風が激しい時。

湾内なら釣りが可能。

こんな時に試す価値があります。
少しでも流れが沖に向かう場所があれば少しそこで粘ってみましょう。

広い場所の場合、どこでキャストするかは判断しにくいもの。
数か所に絞って粘るか?広範囲を探るか?

これはもう、状況によって自分で判断するしかないです。

ちなみに、いくらそれっぽい状況下でもベイトが居なければ全く釣れません。
posted by ラテスJP at 15:21| ポイントの探し方:ゴロタ浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。