アカメ 釣り入門タイトル4.JPG
ゆるい! ヒラスズキ
釣り入門 へようこそ!



2014年02月07日

ヒラスズキの狙い方そのC

ゴロタ浜ヒラスズキ.JPG

1.湾内ゴロタ浜
 何の変哲も無いゴロタ浜。

 ポイントの探し方のページにも記しましたが、他では
 釣りにならないような荒天時に狙う価値あり。

 そして、ベイトの存在があることが条件。

 はっきり言って、かなりの爆風下での釣りになります。
 基本、向かい風。

 ゴロタ浜  ヒラスズキ.JPG

 ウェイダーやライフジャケットは必須。
 夕マズメ等の薄暗い中で釣る場合、ヘッドライト必須。

 お気楽に訪れる事が出来る点はゆるいが、狙うべき天
 候はゆるくありません。

 残念。

 使うロッドは13ft等長めのロッドが望ましい。
 波の回避や、重めのルアーを竿を立ててリトリーブす
 る必要があるから。

 爆風に向かってキャストできるルアーは限られます。
 ミノーなんて飛びません。

 本体の風の抵抗もさることながら、ラインが風におさ
 れ、押し戻されます。

 シンキングペンシルやジグミノーも重量はありますが、
 リトリーブ時の抵抗が無い為にラインが風に押される
 事により、まともに釣りができません。

 ルアーを投げて巻くだけで必死な状況。

 そんな中で何とか使えるルアーは、バイブレーション
 系です。

 重量と巻き抵抗があるのがポイント。

 ローリングベイトはあまり飛びませんが、風が少し緩ん
 だすきにキャストは可能。

 飛びませんから、手前を探る時に使用。

 ゴロタ浜ヒラスズキ2.JPG

 そして、レンジバイブ等の重量系バイブレーション。
 これでもまだ役不足ですが、少しは飛びます。

 ゴロタ浜ヒラスズキ4.JPG

 鉄板系バイブは試した事はありませんが、さらにマシな
 飛距離が出るでしょう。

 最後にブレード系。

 ほぼ、鉛のかたまりにブレードが付いているだけの代物。
 これが飛距離が稼げ、かつ巻抵抗があり風に負けない。

 ゴロタ浜ヒラスズキ3.JPG

 ただ、フックが小さいのと、リアにフックがあるタイプ
 は、10投に数回はラインにフックが絡みます。

 せっかくフルキャストしたのにテイリングしてる。

 だから、竿をあおった時にブレードがまともに回ってい
 る事を感じ取れる使い慣れたものが望ましい。

 まともにブレードが回転していない時に速攻で回収して
 打ち直しができるから。

 マズメ時の釣りの場合、時間の勝負です。
 わずかな時間もムダにできません。

 そして、このブレード系は重量があるので極力竿を立て
 てリトリーブしなければ根掛かります。

 だから、長い竿が必要なのです。
 水深がある場所なら別ですが。

 釣り方自体は、投げて巻く。
 これだけです。

 考える事は、ルアーの選択と釣り座、そして取り込み手法だけ。
 
posted by ラテスJP at 16:08| ヒラスズキの狙い方そのC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。