アカメ 釣り入門タイトル4.JPG
ゆるい! ヒラスズキ
釣り入門 へようこそ!



2014年02月05日

ヒラスズキに使用するタックル

ヒラスズキに使用するタックル
1.ロッド
 ロッド.jpg
 別に何でも良い。
 極端な話、シーバスロッドでなくてもOK。
 
 使い勝手はシーバスロッドがいい。

 長さはウェイディングで使うなら8〜9ft
 暴風の岸壁、9〜10ft
 広大なサーフの河口、10〜13ft
 河川の中〜上流、8〜9ft
 橋の上テクトロ、9〜10ftの硬め(抜きあげの為)

 が、いいように思う。

 でも、9ft前後1本あれば、まあ事足りる。
 磯には行きませんから。

 ちなみに、安物でもOK。

 ただ、ガイドがボロかったり、リールシートがボロく
 リールが安定しない等の懸念があります。

 そして、コンセプトがてきとうで無意味にガイドが小
 さいなんてのもある。ショックリーダーのつなぎ目が
 スムーズに通過しない。

2.リール
 リール.jpg
 私はスピニングしか持ってない。
 自分にストレスを感じなければ、何でもOK。

 別に何十メートルも走られるような魚でもないし。
 強いて選ぶなら、竿とのバランスによって2500番〜
 4000番くらいでしょうか?

 個人的には、通常の使用は3000番。
 13ftロッド使用の際は4000番。

 高いリールは使用感が良い。
 ライントラブルも少なく、剛性感もあり、音も静か。
 軽量かつ、巻き取りもスムース。

 ストレスは少なくなります。
 でも、だから魚が釣れるって訳じゃあない。

3.ライン
 PEライン.jpg
 PEでもナイロンでもOK。
 好きな太さでOK。
 磯のような障害物も少ないので、釣場にもよります
 が、根ずれの危険も少ない。

 細ければ、飛距離が出ます。
 でも、自分が日頃使っているものをそのまま使えば
 いいんです。

 個人的には、ナイロンなら10〜12lb。
 PEなら1.5号前後。

 PEは劣化が分かりにくいから注意が必要。
 個人的には、その劣化を見据えて少しだけ太目のライ
 ンを選択してます。

4.ショックリーダー
 ショックリーダー.jpg
 使った方が良いでしょうね。
 でも、使わなくても釣りは可能。

 ヒラスズキをかけて、反転され、走られ、首を振られ
 ると、確かにラインがスレる感触がある。

 そして、そんな時は確かにリーダーにキズがある。
 しかし、ラインをパッツリ切るほどのモノかは不明
 だね。
 
 でも、バラす可能性があるならその可能性は排除して
 おいた方が良いのでは。

 使用する太さは、お好みで。
 25〜30lbくらいが程よいか?

 個人的には30lbを使用してます。
 実釣中、若干の擦り傷ならそのまま継続使用できます。
 
 ウェイディングなんかしてたら、擦れる度にシステム組み
 直しなんてやってらんない。時合が終わってしまいます。

 キズが先の方なら、カットしますけどね。
 
 使用する長さは1.5mプラスα。
 キズでカットする事を前提にプラスαの長さにしてます。

 別に、これより長くても良いのですが、リーダーの結び
 目が多くのガイドに干渉する事になり、トラブルの元に
 なる可能性があります。

 短すぎると、カットして行くと極端に短くなりショック
 リーダーの意味をなさなくなる。

5.スイベル
 スナップ2.jpg
 使い勝手を考えると、使用をお勧めしておきます。
 ルアーの動きがどーたら、こーたらと言う方もいます。
 考え方は人それぞれで、これが正解なんてありません。
 
 個人的な考えでは、スイベル1個で釣果に差が出ること
 はありません。

 ルアー交換の度に結び替えの方がよほどロスが大きい。
 時間もかかるし、ライトを点灯する必要もあるかもしれま
 せんしね。

 使用するスイベルは自身で信頼のおけるモノにしまし
 ょう。極力軽く、丈夫なものをつかう。
 
 スナップ.jpg

 ここにはお金を使ってもいいかも知れません。
 使った所で千円札は飛びません。

 ボロいヤツは結構曲がったり、開いたりするんです。
 過去には、ランディング直後に開いてしまって、ルア
 ーとヒラスズキを海に落としそうになった事がありま
 した。

 あとは、根掛りして引っ張ったらスイベルが開いて上
 がって来たとか。
 
 ボロいスイベルは話にならんのです。


磯に行かないヒラスズキ狙いには、大そうなタックルは不要です。
ただ、お高いタックルは気持ちが良いし、確かに使い勝手は良い。

お財布と相談しましょう。

posted by ラテスJP at 11:09| ヒラスズキに使用するタックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。