アカメ 釣り入門タイトル4.JPG
ゆるい! ヒラスズキ
釣り入門 へようこそ!



2014年02月09日

ヒラスズキの狙い方その@

1.河川の上流域
 河川上流域.JPG
 時間帯と、潮位から釣りを組立てよう

 河川を主にしたヒラスズキ狙いは通常、夜間に狙う。
 満潮時には基本、上流域を狙ってみよう。

 無論、遡上する可能性があるポイントの場合。

 ヒラスズキが、上流へ遡上する目的、それはもちろん
 捕食にある。彼ら?の基本生息エリアは海なのだが、
 なぜ上流に向かうのか?

 淡水魚の捕食の為だ。
 この遡って来たヒラスズキの活性は高い。

 特に、満潮時しか遡れないポイントの場合、潮位が高
 い内に捕食を完了させなければならない。

 潮位と季節と時間が重なれば、高率にHITする。
 魚がいれば釣れる感じだ。

 しかし、一定の潮位を切ると一気に釣れなくなる。
 下流へ下るからだ。

 彼らはスズキと異なり、淡水域に留まる事は無い。
 時間帯は深夜がベストだ。

2.河川内の橋げた周辺
 河川内 橋げた.jpg
 河川内の橋げた周辺は川の流れの変化による砂や砂利
 の堆積が起こり、地形に変化をもたらす。

 そして、橋げたの前後には流れの変化が発生し、ポイ
 ントを形成する。

 また、通常は橋にはライトがあり単調な河川に変化を
 提供してくれる。

 河川の流れは、上げ潮時に発生する上流に向かう流れ
 より、下げ潮時に発生する下流に向かう流れの方が強
 い。

 通常の河川の流れとも相まって、強い流れを生じます。
 この時、橋げたの前後、特に下流側に流れの変化が生
 じ、狙いどころとなります。
 橋げたライト.jpg
 出来れば、水深はそんなに無い方がいい。
 イメージ、干潮時には人の背未満。

 水深が無い方が、ヒラスズキも捕食しやすい。
 そして、そんな場所へ回遊してくるヒラスズキの活性
 も高い。

 場所によっては、ウェーディングの必要も出てくるで
 しょう。
 
 ヒラスズキのHITポイントは橋のライトの光の中で
 はなく、それより少し離れた場所です。

 明るい場所だけルアーを投げて、来ないからと諦めて
 はいけません。

 潮位が下がるにつれ、流れが変化しその流れが集約す
 る場所があるなら重点的に狙ってみよう。

 ヒラスズキ80cm.JPG
 こんなのが釣れるかも知れませんよ。

 流れが完全に緩んでしまったら、終了です。
posted by ラテスJP at 15:22| ヒラスズキの狙い方その@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。